キングダムネタバレ630話最新確定!呪術で天地の間へ!羌瘣の寿命と引き換えに信は生き返る?

キングダムネタバレ630話最新確定!信は生きてる?羌瘣の秘策とは
Pocket

2月6日(木)発売の週刊ヤングジャンプに漫画「キングダム」630話が掲載予定です。

歓喜に沸いていたはずの飛信隊に、信が死ぬという悲劇が起きました。

皆が泣き崩れているところに、羌瘣がやってきて信を見据えていましたが、秘策があるというのでしょうか。

信は生きてるのでしょうか?

今回は、漫画「キングダム」ネタバレ630話最新確定!信は生きてる?羌瘣の秘策とは?と題して、ネタバレ最新確定速報をお届けしていきたいと思います。

※前半部分がネタバレ考察予想、後半部分がネタバレ確定速報となります!

“無料”でキングダムを読む方法 >>

 

漫画「キングダム」ネタバレ630話最新考察・予想

629話では、首を討ち取り大歓声となっていた飛信隊が、異変に気付きました。(629話のネタバレはこちら

勝利を収めたはずの信が動かないのです。

飛信隊の皆が近づくと、信が死んでいると聞かされます。

歓喜から一転、泣き崩れる飛信隊の元に、羌瘣が足を引きずりながらやってきました。

その目には光が宿っています。

一体信をどうするというのでしょうか。

ここでは、最新630話のネタバレ考察・予想をしていきたいと思います。

 

信は生きている?

主人公なので、さすがに亡くなることはないだろうという推測です。

あのような取り乱した状態で、死を確認しているので、消えかけの命の火には気づかなかった可能性も考えられます。

戦いが終わり、衰弱しきった信は、まだ意識だけはあったかもしれません。

実は単行本の1巻で、将軍となって戦っている信のシーンがあるんです。

ということは、さすがに生きているだろうと考えますよね。

大将軍となるまでは、信は死ぬことはないはずです。

ですが、仮に生きていてもあの状態ですので、そのまま李牧と再び戦うことはできないでしょう。

生き返った喜びを抱え、羌瘣が信の代わりに飛信隊を束ねるということはあるかもしれません。

 

羌瘣の秘策とは?

羌瘣と言えば、独特のリズムを持つ剣術ですよね。

その剣術とは「巫舞」のことです。

意識を深いところまでもっていって、トランス状態になると秘められた力を宿すというものでした。

しかし、あまりに深いところまでもっていくと、戻ってくることは難しく、亡くなってしまうことがほとんどです。

ということは、今生きているか、死んでいるかわからない信に一番近づけるのが羌瘣です。

得意とする巫舞で、精神をできるかぎり深いところまでもっていって、信を起こそうとするのではないでしょうか。

それをすることによって、自身も生死を彷徨うこととなると思いますが、それでも信を救いたいという気持ちが勝るのではないかと思います。

そして道しるべとなる巫舞の歌で、信を引き戻し、また飛信隊を束ね、天下の大将軍となるよう伝えるのではないでしょうか。

「お前の子を産む」とまで言っている間柄ですから、信に死なれては困りますね。

秘策が何かはわかりませんが、蘇生させるというのは間違いないと思います。

しかし、それによって羌瘣が亡くなると言うのは、またファンとしてはショックが大きいです。

もしくは、羌族に代々伝わる医学的なもので、瀕死状態となっていた信を救うことができるかもしれません。

それが一番キングダムファンにはうれしい展開ですね。

 

羌瘣が信の意思を継いだ?

最後は信は死んでいたという考察です。

仮に死んでいたということが確定した場合、あの羌瘣の瞳はなんだったのでしょうか。

そう考えると、信の意思を継いだという決意の表れしかないですよね。

信の夢、「大将軍になる」という夢と、飛信隊を束ねる、その2つの意思を継いだ表情だったのではないでしょうか。

しかし、主人公がここで亡くなるのは悲しいですね。

いくら一緒に戦ってきた仲間でも、心の支えだった信を失った飛信隊が、すぐに羌瘣についていけるのでしょうか。

 

漫画「キングダム」ネタバレ630話最新確定速報!

629話で決意したかのような目をした羌瘣がやってきました。

果たして羌瘣はどんな秘策で信を生き返らせようというのでしょうか。

やはり巫舞が関係してくるのでしょうか(*^-^*)

630話の確定速報が出たので、気になるネタバレを紹介します!

 

羌瘣が秘策を試す!

飛信隊のもとに番陽がやってきて、なぜ李牧を追わないのかと問いかけます。

しかし、誰も番陽には目を向けません。

後からやってきた王賁と蒙恬も飛信隊の異変に気付きました。

嘆き悲しむ飛信隊の兵士たちを見て、2人も異常事態が起きたと確信します。

3人は飛信隊の中央にいる信のもとへたどり着くと、信の死を目の当たりにするのでした。

信のそばには河了貂と羌瘣がいました。

河了貂にどくように言うと、羌瘣は信に蚩尤に伝わる呪術を試そうとしています。

「天地の間」へと自身の魂を飛ばし、命と引き換えることによって死んだ信と交信をし、生き返らせることができるかもしれないというのでした。

しかし、これは千年続く蚩尤に代々伝わる禁術でもありました。

羌瘣は「もう信は死んだのだ」という声にも耳は傾けません。

これしか信を助ける手はない、どうにか助けたいという一心で羌瘣は信に手をあて、呼吸を深く、さらに深くしていきます。

 

羌瘣の過去!

徐々に落ちていく羌瘣の意識の中で、自身の過去が思い出されました。

小さい頃、小鳥が死んでしまい、羌瘣は悲しんでいました。

どうにか生き返らせたいと、この術を使おうとしたところ、象姉が止めにはいっていたのです。

象姉は、術を使おうとも死んだ者は戻ってこないのだと話しました。

この禁術を使うと最悪なことが起きてしまうと言います。

しかし、禁術というくらいですから、象姉も使ったことはないはずです。

嘘をついて、羌瘣がいつか使ってしまうことのないように言ったのでしょう。

羌瘣は信が本当に現世に戻ってこなかったらと考え、涙を流します。

やはりこの術以外に信を救える方法はありません。

これ以上最悪なことはないはずだと涙をぬぐうと、完全に理解しているわけではない呪術を必死に思い出していきます。

 

羌瘣は呪術を使う!

飛信隊はそんな羌瘣の姿を心配そうに見守っていました。

羌瘣は記憶をたどりながら、呪術を詠唱していきます。

すると、手や顔の血管が浮き出てきたのか、ひび割れているのか、羌瘣は人間の形相とはかけ離れていきました。

異様な光景を目の当たりにした河了貂や飛信隊は、驚きを隠せません。

羌瘣は呪術を唱えつづけ、繋がったと思うというと、変わったことがあれば信を呼んでくれと仲間たちに伝えます。

そして、羌瘣の瞳孔が開き光が解き放たれると、意識を失い倒れこんでしまいました。

呪術が成功したのか、気づいた羌瘣は真っ白な何もない世界に1人立っていました。

宙に浮いているかのようで羌瘣は困惑します。

ここが黄泉への入り口なのかと、全く何もない世界に不安を感じていると、遠くに人影が見えました。

そこには幽族の蓮がいて、ここが「天地の間」の入り口だと話します。

そして象姉も現れると、「あの呪術を使ったのか」とすべてを悟った様子でした。

 

呪術の条件とは?

羌瘣が死者を蘇らせようとしていると知っている幽蓮は、呪術について説明してくれました。

呪術には術を使ったものの寿命が必要で、羌瘣の寿命の半分を差し出すことが条件なのだと言います。

それでも死者を生き返らせる確率は2分の1だと言いました。

さらに、信は死んでからの時間が長かったから、もっと確率は下がり、10分の1だと言われました。

象姉はこのまま羌瘣だけでも戻るように言います。

しかし羌瘣は、呪術を使うと決意した時点でそのくらいは覚悟していました。

2人を見ると、羌瘣はすべての寿命を差し出すと決意の表情を見せるのでした。

信が生き返るのなら、全ての寿命を失って自身が死んでも構わないと言います。

それだけ羌瘣にとって、信が大事な存在で必要な人なのだと話しました。

象姉は反対しますが、羌瘣はそれでも自分の命と引き換えにすると宣言します。

その言葉を聞き、幽蓮はニヤリと笑うと、再び羌瘣の顔がひび割れたかのような形相に変わっていきます。

そして最後に「もう二度と戻れなければいい」と言うと、羌瘣は目の前から消えてしまいました。

 

羌瘣が「天地の間」へ行く!

再び目をあけた羌瘣は、今度は暗闇の中にいました。

顔を上げると、背を向けて立ち尽くしている信が見えます。

どうやらここが「天地の間」であり、死者の魂が行き交う場所のようです。

羌瘣は背を向ける信に、必死に名前を叫びました。

ここで630話が終わりますが、まだ信は生き返りませんでしたね(;´・ω・)

死者の世界に近い場所に2人とも来てしまいましたが、史実通りだとすると、死ぬことはないと思われます。

しかし、全ての寿命を差し出すといった羌瘣に対し、信が素直に自身を生き返らせてくれとは言わない気がします。

禁術だとは言わずに、信を現世へと戻そうということなのでしょうか。

羌瘣の決意の表情には、さすが信の嫁候補といった感じがしましたね!

ここで2人揃って死んでしまったら、夫婦になった2人が見れないので、一緒に現世へ戻って欲しいです( ;∀;)

そして気になるのは、天地の間の入り口にいたのが、象姉と幽蓮ということです。

羌瘣を天地の間へ送った幽蓮がニヤッと笑ったので、羌瘣の決意はしっかり届いたという意味ですかね。

この想いの強さで、幽蓮と象姉が現世へと2人を送り届けてくれるとファンとしては嬉しいですね(*^-^*)

もしくは信を先に現世へ戻し、死にそうになっている羌瘣は、幽蓮との闘いの時のように一筋の光を辿って信のもとへ戻れるのでしょうか。

史実通りだと死なないということもあるのですが、やはりどう考えても、ここで信と羌瘣を死なせるメリットはない気がします。

果たして信は生き返るのか、羌瘣はどうなるのか、気になる続きは次号に続きます。(631話のネタバレ最新情報はこちら!)

 

>>【オトク】キングダム全巻を読む方法は?

>>キングダムは今何巻?いつ終わるのか考察してみた

>>「キングダム」漫画とアニメの違いを徹底比較!どっちが面白い?

>>キングダム全巻あらすじをわかりやすくまとめてみた

 

漫画「キングダム」ネタバレ630話最新確定!まとめ

今回は、漫画「キングダム」ネタバレ630話最新確定!信は生きてる?羌瘣の秘策とは?と題しまして、630話のネタバレ考察・予想と、最新速報を紹介しました。

羌瘣の秘策とは、蚩尤に代々伝わる禁術のことでしたね。

しかし、羌瘣の命の代わりに信を助けるという愛には感動しました(*^-^*)

できるのなら、一緒に生き返って欲しいですが、信だけを生き返らせるにも確率は10分の1です。

信はきっと羌瘣の寿命と、飛信隊や仲間の呼び掛けて生き返ると思います。

でも寿命を渡した羌瘣は、本来なら生き返れないですよね。

いっそ生き返った信にキスでもしてもらったらどうでしょうか!?

次話まで、考察予想をしながら待ちたいと思います( *´艸`)

以上、漫画「キングダム」ネタバレ630話最新確定!信は生きてる?羌瘣の秘策とは?と題しまして、630話のネタバレ考察・予想と、最新速報を紹介しました。